ページトップへ
診療科目:鍼灸

 診療科目:鍼灸

鍼治療の種類 動物の状態より適応が異なります。

鍼灸のみ

鍼灸のみ

スタンダードな治療

鍼灸+低周波刺激

鍼灸+低周波刺激

麻痺や痛みが強い場合

鍼灸+お灸

鍼灸+お灸

冷えが強い場合

鍼灸+水鍼

鍼灸+水鍼

効果を長持ちさせたい場合

問診をていねいに行います。

問診をていねいに行います。

具合が悪いところのお話だけでなく、普段の食事や運動量、性格や既往歴までお伺いします。(病院での検査結果がありましたらご用意ください)

続いて通常の身体検査を行います。

続いて通常の身体検査を行います。

聴診や触診を行います。

さらに東洋医学的な身体検査を行います。

さらに東洋医学的な身体検査を行います。

舌の様子、脈診、冷えや火照りなどをチェックします。

再診にて状態を確認します。

神経や整形の疾患の場合には、運動器のチェックをします。

関節の可動域や筋肉の緊張や痛み、動き方など整形学的なチェックをします。
神経学的な検査も同時に行います。

このような時にオススメです

このような時にオススメです

鍼治療を含む東洋医学は、本来外科疾患以外すべてが適応に入ります。ツボを鍼で刺鍼し自己治癒力を刺激する治療法です。なかでも人間の医療で効果を認められている分野は以下のとおりです(WHO世界保健機構より一部抜粋)。

痛みのケア(運動器疾患、腫瘍など)、運動器疾患における機能改善(椎間板ヘルニアや関節炎、リウマチなど)

痛みのケア(運動器疾患、腫瘍など)、運動器疾患における機能改善(椎間板ヘルニアや関節炎、リウマチなど)

自律神経の調整(吐き気や下痢などの胃腸疾患)、めまい・不安症・不眠のケア

自律神経の調整(吐き気や下痢などの胃腸疾患)、めまい・不安症・不眠のケア

その他さまざまな慢性疾患の改善(皮膚科・呼吸/循環器・内分泌・眼科・耳鼻科など)

その他さまざまな慢性疾患の改善(皮膚科・呼吸/循環器・内分泌・眼科・耳鼻科など)

<ご注意>
ご家族以外に触らせない攻撃的なタイプ、衰弱が激しい場合、妊娠中の場合、重篤な心疾患の場合などは鍼治療が難しい場合がありますことをあらかじめご了承くださいませ。

また、鍼治療の際はなるべく空腹・満腹時をお避けください。なお、治療後は血行が良くなるため、喉の渇き、尿意・便意が生じることがたびたびみられます。

診察料金

診察料金

鍼治療:5500円 (低周波治療、お灸をしても同じ)
水鍼:上記+1000円
*診察費(初診費/再診費)、往診費は別途頂戴いたします。
*詳しい料金についてはこちらをご覧ください。

お問い合わせはこちら

診療科目:マッサージ

 診療科目:マッサージ

当院のマッサージ治療の特徴

当院では、東洋医学(中医学)の推拿・按摩のテクニックを用いて、次の目的でマッサージやその指導を行います。

マッサージを行う目的

筋肉や関節の柔軟性を保つ(パフォーマンスの向上)

筋肉や関節の柔軟性を保つ(パフォーマンスの向上)

血行を改善する

血行を改善する

ツボや経絡を刺激する(東洋医学)

ツボや経絡を刺激する(東洋医学)

リラクゼーション

リラクゼーション

マッサージをご家庭でも行っていただくことで、鍼治療して整えた体調を維持することも期待できます。

当院のマッサージ治療の特徴

基本的に鍼治療の流れと同様です。

問診や一般身体検査、舌や脈、冷えやほてり、ツボや経路の状態、関節の可動性や筋のこわばりなどのチェック

問診や一般身体検査、舌や脈、冷えやほてり、ツボや経路の状態、関節の可動性や筋のこわばりなどのチェック

この時に体のチェックと並行してマッサージ治療を行います。

ご家庭でできるマッサージの方法指導

ご家庭でできるマッサージの方法指導

このような時におすすめです

このような時にオススメです

日々ご家庭でもできる東洋医学的なケアのひとつとして

日々ご家庭でもできる東洋医学的なケアのひとつとして

シニア動物の健康維持のケアのひとつとして

シニア動物の健康維持のケアのひとつとして

関節炎など運動器疾患を持つ動物のケアのひとつとして

関節炎など運動器疾患を持つ動物のケアのひとつとして

鍼治療が苦手な子に(動物自体に全く触れない場合には難しいこともあります)

鍼治療が苦手な子に(動物自体に全く触れない場合には難しいこともあります)

動物とのコミュニケーションを深めたいときに

動物とのコミュニケーションを深めたいときに

運動大好きなわんちゃんの体のケアをしたいときに

運動大好きなわんちゃんの体のケアをしたいときに

診察料金

診察料金

マッサージ処置・指導料:5000円 (鍼治療を行わない場合)
鍼治療も同時に行う場合には、時間と内容に応じて1000円~3000円の範囲で頂戴いたします。
*診察費(初診費/再診費)、往診費は別途頂戴いたします。
*詳しい料金についてはこちらをご覧ください。

お問い合わせはこちら
080-2676-1122

予約お電話

080-2676-1122

<受付時間>火曜~木曜・土曜
9:00~18:00

※診療中・移動中は電話を取ることができないことが多いので、留守番電話にメッセージをお願い致します。

どうぞお気軽に お問い合わせはこちら

BLOG