• HOME
  • みずほ動物病院とは
  • ごあいさつ

ごあいさつ

内田瑞穂

獣医師
CVA(米国CHI institute認定鍼灸獣医師)
CCRT(米国CRI認定犬のリハビリテーションセラピスト)
米国CHI institute 漢方コース、食養コース、推拿コース終了


動物のリハビリテーションを米国で勉強していたときに、フロリダの大学病院に行く機会がありました。そこでは、当たり前のように鍼灸や漢方、推拿といった東洋医学を上手に先進医療に組み込んで治療していました。


腰が痛い子はもちろん、すでに西洋医学の治療をしていても発作が抑えられない子、皮膚アレルギーのコントロールが難しい子、腫瘍と戦っている子、難しいドライアイの子…etc、そういった病気の子たちに対しても、東洋医学のみ、もしくは従来の西洋医学と東洋医学を併用した治療を行っていました。同じ大学病院の中で、東洋医学科と腫瘍科の獣医師が話をしながら、診療を進めていました。これは日本の大学で勉強してきた私の経験ではあまり考えにくいことであり、大変驚きました。


もしかしたら、今まで限界だと思っていたことが限界では無いかもしれない。


この思いがやがて私の原動力となって、鍼灸・漢方・推拿・食養といった東洋医学についてさらに勉強するきっかけとなりました。今は、「手術にならずに済んで良かった」や「元気に走ってくれる」といった飼い主様からのお言葉を励みに、より質の高い治療を行うべく日々切磋琢磨している次第です。


ただ、この分野はまだ、私たちにとってあまり身近なものではありません。


「うちの子に、鍼灸はどうなんだろう?」「漢方はこういう時に効くのかしら?」「すでに近くの病院で西洋医学の治療をしているのだけど大丈夫?」といった疑問に関してはよくあるご質問をご覧いただくかもしくはこちらのお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。


皆様の小さなご家族が「その子らしい」幸せな毎日を送れるよう、皆様のお手伝いをさせていただければ幸いです。


略歴

2005年 東京農工大学農学部獣医学科卒業
2005年〜(2011年より現在も非常勤務) 埼玉県のアニマルクリニックこばやし勤務
2012年 みずほ動物病院開業


所属学会 AATCVM (American Association of Traditional Chinese Veterinary Medicine)
日本伝統獣医学会

ページトップへ